/

この記事は会員限定です

春秋(9月8日)

[有料会員限定]

双六(すごろく)には昔懐かしい子どもの遊びのイメージがあるが、かつては賭博に使われることも多かった。起源の一つとされるのが古代インド。欧州に伝わると社会に浸透し、バックギャモンと呼ばれるようになった。日本には中国などを経て、6世紀ごろに渡ってきたという。

▼飛鳥時代の女帝、持統天皇による有名な双六禁止令は、賭け事が世を乱すのを防ぐのが目的とされる。だが流行はその後も収まらない。今昔物語集には双六の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り367文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン