/

この記事は会員限定です

[社説]デジタル規制改革は地方まで浸透促せ

[有料会員限定]

デジタル臨時行政調査会(臨調)が行政・社会のデジタル改革に向けてまとめた規制改革計画を、政府が閣議決定した。国の法律と政省令のなかで目視検査や書面提示などアナログ的な手続きを義務付けている約5千条項のうち、所管官庁が改正方針を決めた4千近くの条項を明記した。

昨秋の臨調発足から半年あまりで法令級のアナログ規制の8割に改革のメドをつけたのは評価できる。だが期限を明記しなかったのが気になる。岸田文雄...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り715文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン