/

この記事は会員限定です

「リスク管理」を超えられるか 英運用会社インタビュー

[有料会員限定]

ESG(環境・社会・企業統治)投資が再考の時を迎えた。多くの資産運用会社が「ウオッシング(偽装)」を批判されている。リスク管理が目的なのか、それとも社会への好影響を意図しているのかについても、哲学や姿勢が問われる。ESG投資の未来について代表的な英資産運用会社の2氏に聞いた。(聞き手は編集委員 小平龍四郎)

ネッド・ソルター フィデリティ・インターナショナル 投資調査グローバル責任者 

――ES...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2020文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ESG光と影

あらゆる企業が関わるESG(環境・社会・企業統治)投資。温暖化ガスの排出削減や労働環境の改善など、大きな成果を上げると同時に、急速に普及したことで経済にひずみを生み出しています。ESG投資がもたらす光と影を追いました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン