/

この記事は会員限定です

「BRICs」20年 問われる資本主義のあり方

Global Economics Trends 編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

「BRICs」という言葉を覚えているだろうか。ブラジル、ロシア、インド、チャイナ(中国)の4カ国の頭文字を組み合わせた造語だ。2001年11月にゴールドマン・サックスのエコノミストだったジム・オニール氏が命名し、当時の有望新興国に光を当てた。

BRICs4カ国の差は大きく開いた

あれから20年。それぞれの発展の道筋をたどった4カ国は、今も先進国に「資本主義のかたち」を問いかけている。

BR...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4632文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン