/

この記事は会員限定です

梅雨の前触れ、荒天や気温の急変に注意

編集委員・気象予報士 安藤淳

(更新) [有料会員限定]
■本州の広い範囲で、曇りや雨の日が多くなってきた。梅雨の前ぶれ現象で、「梅雨のはしり」とも呼ばれる。雨域の分布や降るタイミング、量などの予測は難しい。この時期は南からの暖気が勢いを増し、晴れ間が出ると夏のような暑さになるが、湿った空気の影響で、一転して大雨が降ることもある。前線は徐々に北上する見通しで、雨の降り方や気温の急変に注意が必要だ。

今年は季節の歩みが速い。4月下旬以降、晴天に見舞われた地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1112文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン