/

この記事は会員限定です

韓国市長選ショック、「文派vs尹氏」因縁の対決が急浮上

編集委員 峯岸博

[有料会員限定]

韓国の首都ソウルと第2の都市、釜山。いずれも与党系現職の辞職に伴うダブル市長選はともに保守系野党の候補が革新系与党候補に大勝した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領にとって、北朝鮮の東京五輪・パラリンピック不参加表明に続くダブルパンチとなった。天王山となる2022年春の大統領選に向けた動きが一気にヒートアップする。注目すべきは因縁の対決が復活するかだ。

首都奪還で歓喜に沸く保守系野党「国民の力」。だが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン