/

この記事は会員限定です

[社説]経済回復に水差す資源価格上昇に警戒を

[有料会員限定]

鉄鉱石や銅、石油など、金属・エネルギー資源の価格が高止まりしている。新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ世界経済の回復に伴う、需要の拡大が価格を押し上げているためだ。

国際商品全体の値動きを示す指数は6年ぶりの高値圏にある。資源価格の高騰はインフレ圧力となって景気回復を遅らせることになりかねない。多くの資源を輸入に頼る日本にとっても影響は大きく、警戒が必要だ。

鉄鉱石や銅、アルミニウムは202...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り716文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン