/

この記事は会員限定です

狙われる五輪 進化するサイバー攻撃にちらつく国家の影

編集委員 坂井光

[有料会員限定]

米パイプライン大手を5月に操業停止に追い込んだサイバー攻撃。その首謀者「ダークサイド」をはじめ本拠がロシアとされるハッカー集団が多く報告されている。7月2日以降、全世界で100万を超えるシステムを感染させたと主張する「REvil(レビル)」もそのひとつ。常に進化しながら攻撃対象を探し、存在感を誇示するハッカーにとって東京五輪・パラリンピックは格好の舞台となる。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1760文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン