/

この記事は会員限定です

ノーベル賞研究、世界の政策動かす?

[有料会員限定]

米プリンストン大学の真鍋淑郎上席研究員らが、今年のノーベル物理学賞を受賞することが決まった。温暖化ガスによって気温が上昇する仕組みを理論化し、地球の気候の再現や予測ができる計算モデルを構築した。研究は世界の温暖化政策をどう変えたのか。ノーベル賞がこうした影響力をもつ例は過去にあったのか、今後どんな分野が有望なのか、ポイントを解説する。

・真鍋氏の研究、温暖化対策を後押し?
・過去のノーベル賞で似たようなケースは?
・今後、世界的なインパクトが大きい授賞分野は?...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1792文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ニュースの意味や背景を理解するためのポイントをいちからわかりやすく解説し、その後の展開を見通します。欧米メディアでは「エクスプレイナー」と呼ばれる解説コンテンツです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン