/

この記事は会員限定です

[社説]中国2035計画が生む摩擦に警戒を

[有料会員限定]

中国は5日開幕の全国人民代表大会(全人代)で今年の経済成長目標を6%以上とした。今後5年の中期計画では年平均の成長目標の設定を見送る一方、2035年までに経済と科学技術の実力、総合国力を引き上げ、中等レベルの先進国にする長期展望も示した。米国超えを狙う国家戦略が明確なだけに摩擦の激化が懸念される。

中国経済はコロナ禍の打撃で20年1~3月の成長がマイナス6.8%に落ち込んだ。その後の回復で通年では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン