/

この記事は会員限定です

相続登記の義務化、土地細分化の懸念も 所有者不明対策

[有料会員限定]

所有者不明土地問題の対策として、土地の相続登記の義務化や国庫帰属制度の創設などが2~3年後から始まる。問題解決に向けた一歩との評価がある一方、相続の実務を担う専門家には「根本的な解決につながらない」との声もある。課題とされるのが日本の土地保有に特有の土地の細分化だ。(日経グローカル421号に詳報)

2021年の通常国会で、一連の所有者不明土地対策を盛り込んだ改正民法などが成立した。施行時期は相続登...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1908文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン