/

この記事は会員限定です

住友銀再生の立役者 胆力で危機克服、巽外夫氏死去

(更新) [有料会員限定]

住友銀行(現在の三井住友銀行)の再生の立役者である巽外夫元頭取が亡くなった。当時の磯田一郎会長が主導した、平和相互銀行の合併やイトマンの不透明取引で発生した負の遺産を片付け、メガバンクの一角を占めるようになった同行の基盤を整えた。ラストバンカーといわれた2代あとの頭取の西川善文氏とは持ち味が異なり、派手な言動は好まず、内に秘めた胆力と商才で銀行の危機を乗り越えた経営者だった。

現役の記者のころ、巽...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン