/

この記事は会員限定です

[社説]病院長解任にみる統治の不全

[有料会員限定]

新型コロナウイルス患者の受け入れ方針をめぐる意見の対立で、旭川医科大の学長が病院長を解任した問題が波紋を広げている。

国立大学法人の付属病院は、地域医療の中核を担う公共財としての役割が期待されている。解任の理由や手続きは正当だったのか。ガバナンスの観点から看過できない。真相の究明が必要だ。

北海道旭川市では昨年、コロナの集団感染が発生し、医療供給体制が逼迫した。市当局は旭川医大などに軽症者を含む患...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン