/

この記事は会員限定です

米SNS「共闘買い」、古き仕手との奇妙な相似

編集委員 藤田和明

[有料会員限定]

「弱い個人投資家も団結すれば株式市場で勝者になれる」――。

米国の株式市場ではいま、「個人VSヘッジファンド」の戦いが話題だ。個人投資家がSNS(交流サイト)でつながり、ゲームストップ株など空売りが膨らんでいた銘柄を買い上げることで、売り手だったヘッジファンドを締め上げたからだ。

冒頭の「団結すれば勝者になれる」のフレーズは今回のものとは限らない。実は40年前の1980~81年の日本でも使われてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1682文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン