/

この記事は会員限定です

[社説]体制安定を優先したベトナム

[有料会員限定]

ベトナム共産党が1日まで開いた党大会で、国家の最高指導者である書記長にグエン・フー・チョン氏の留任を決めた。「2期10年」に任期を制限した党の規約の特例として、異例の3期目に入る。国内外に課題が山積するなか、体制安定を優先させたようだ。

2011年に就任したチョン氏は汚職撲滅に力を注いできた。環太平洋経済連携協定(TPP)への参画、欧州連合(EU)との自由貿易協定の締結などをてこに外資製造業を呼び...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン