/

この記事は会員限定です

[社説]安定供給支える健全な電力取引市場に

[有料会員限定]

1月の寒波が招いた電力需給の逼迫により、卸電力市場の取引価格が急騰した。販売用電力を市場で調達する新電力の経営を圧迫し、影響は消費者にも及ぶ。

電力は日々の暮らしや経済活動を支える血液である。安定供給を支え、健全な取引に導く電力市場の整備を急がねばならない。

卸電力市場のスポット取引価格は一時、1キロワット時あたり251円をつけた。2019年度の取引平均価格である同7.9円と比べると30倍の高値だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン