/

この記事は会員限定です

[社説]米インフレ抑制と世界経済の安定両立を

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)は4日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、約40年ぶりの高インフレに対応し、通常の2倍になる0.5%の利上げと、国債などの保有資産を減らす量的引き締め(QT)の6月開始を決めた。

ロシアの蛮行で揺れる世界に、これ以上の混乱は要らない。各国の結束を保ち、世界の安定を取り戻すためにも内外に目配りし着実にインフレを抑制すべきだ。

FRBは3月、約2年ぶりにゼロ金利を解除し短...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り743文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン