/

この記事は会員限定です

首都圏に積雪の可能性、春はまだ先?

編集委員・気象予報士 安藤淳

(更新) [有料会員限定]
■天気のなぞ 東海や近畿、北海道に大雪をもたらした「立春寒波」が一段落し、天気図のパターンに変化が出てきた。南岸沿いを低気圧が通り、太平洋側で天気が崩れやすくなる。10~11日は関東の平野部でも雪になる可能性があるが、どこでどの程度の雪が降るかは計算モデルによってばらつきがある。上空の寒気、低気圧の発達具合や位置など条件のわずかな違いで結果が大きく異なり、予報官泣かせの天気となる。

日米欧の数値モ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン