/

この記事は会員限定です

[社説]電力不足の解消へ万全を期せ

[有料会員限定]

電力は私たちの暮らしや経済を支える血液だ。止めるわけにはいかない。それが揺らぎかねない事態である。

梶山弘志経済産業相はこの夏の電力需給がここ数年で最も厳しく、この冬は東京電力の供給エリアで供給不足に陥る恐れがあるとの見通しを示した。

政府は消費者や電力会社と緊密に連携して目先の逼迫を回避するとともに、中長期で供給力を安定的に確保する仕組みを整えなければならない。

需要に対する供給の余裕度を示す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン