/

この記事は会員限定です

改革なくして好循環なし 民主導の革新支援を

新政権に問う(1)

(更新) [有料会員限定]

「成長と分配の好循環」「令和版所得倍増」「新自由主義からの転換」「新しい日本型資本主義」――。岸田文雄新政権は経済政策ではいくつもの新たなキャッチフレーズを掲げた。

特に首相が強調するのが成長と分配の好循環だ。企業の業績は良くなっても賃金の伸びは鈍く、非正規社員の増加で所得格差が拡大した。これからは「分配」にも気を配るべきだ。こうした主張に反対は少ないが、気になることもある。

分配には大きく分けて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り884文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

岸田新政権

自民党の岸田文雄総裁は11月10日召集の特別国会で再び首相に指名され、第2次内閣が発足しました。最新ニュースをこちらからご覧いただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン