/

この記事は会員限定です

[社説]グラブは東南ア新興に範示せ

[有料会員限定]

シンガポールに本拠を置く配車アプリ大手グラブが2日、米株式市場に上場した。初日の株価は大幅に下落し、時価総額は想定していた企業価値を下回った。東南アジアを代表するスタートアップとして、規律ある成長を求めたい。

創業9年のグラブは配車を手始めに宅配や金融など複数のサービスを1つのアプリで提供する「スーパーアプリ」と呼ぶ戦略を展開している。米IT(情報技術)企業に対抗し、東南アジアで独自のネット経済圏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン