/

この記事は会員限定です

[社説]危機下で指導力発揮できる体制を

[有料会員限定]

菅義偉首相が辞意を表明した。新型コロナウイルスの感染拡大を食い止められず、政権の求心力が日に日に低下していくなかで、自民党総裁選への出馬断念に追い込まれた。わずか1年での退陣だ。

コロナとの戦いは現在進行形である。政治空白を最小限にとどめつつ、今度こそ国民の理解を得ながら指導力を発揮できる新体制を確立すべきだ。

広がった「菅離れ」

首相は不出馬の理由について「コロナ対策と(総裁選の)選挙活動には莫...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1525文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン