/

この記事は会員限定です

[社説]英の参加でTPPの飛躍を

[有料会員限定]

英国が環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を正式に申請した。自由化の水準が高い貿易圏を、アジア太平洋地域の枠を超えて拡大できるのは喜ばしい。

TPPは2018年末に、日本を含む11カ国でスタートした。関税の撤廃率が総じて高く、知的財産権の保護や技術移転強要の禁止といったルールも厳しい。

世界の国内総生産(GDP)に占めるTPP加盟国の比率は、英国の参加により13%から16%に高まる程度だ。それで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン