/

この記事は会員限定です

3大感染症の増加に危機感 ピーター・サンズ氏

グローバルファンド事務局長

[有料会員限定]

ロシアのウクライナ侵攻が感染症の拡大に及ぼす影響を心配している。ウクライナでは以前から、エイズや薬剤への耐性をもつ結核菌による感染拡大が起きていた。薬剤耐性結核はやっかいな病気で、致死率が約50%に及ぶ。検査・治療ができているのは感染者の3分の1にすぎない。

ウクライナでは医療機関やヘルスケア関連施設が攻撃を受け、大勢の人たちが住む家を追われた。結核はこうした混乱や人々の移動があるときに広がる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン