/

この記事は会員限定です

[社説]選挙に絡む不祥事の根を断て

[有料会員限定]

菅原一秀前経済産業相が衆院議員の辞職願を提出し、自民党を離党した。選挙区内で開かれた行事への「会費」の名目での現金提供などが公職選挙法違反に当たるとして捜査を受けていた。

公選法違反や政治資金をめぐる不祥事が多発しているのは由々しき事態だ。政治家が自ら襟を正すのは当然だが、捜査当局も公正な選挙をゆがめる行為を厳しく取り締まってほしい。

菅原氏は秘書を通じて有権者に香典などを渡したことが発覚し、20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン