/

この記事は会員限定です

韓国は「バイデン外交」のトゲになるか 足元見る中国

編集委員 峯岸博

[有料会員限定]

同盟国との関係強化を狙うバイデン米政権を尻目に、中国が韓国への接近を強めている。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

バイデン政権発足から6日後の1月26日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が電話をかけた。文氏は同盟国である米国の新大統領との初の電話協議を待ち続けていたが、米国と対立する習氏が割り込んだ形だ。

習氏は朝鮮半島問題...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1494文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン