/

この記事は会員限定です

春秋(2月3日)

[有料会員限定]

「コロナは~外!」。1897年以来、124年ぶりというきのうの節分の夜、家々には、こんな声が響いたかもしれない。明けて、きょうは二十四節気の立春である。元日に準ずるこよみの起点とされ、ここからの日数は農作業を進めるうえでの目安ともなっている。

▼唱歌「茶摘み」に「夏も近づく」とうたわれる「八十八夜」は霜が降りなくなって、気候が安定するころという。今年は5月1日だ。同じく8月31日に当たる「二百十日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り363文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン