/

この記事は会員限定です

コロナ対策に集合知が必要 野中郁次郎・一橋大名誉教授

リーダーは「物語」を

[有料会員限定]
政府の新型コロナウイルス対策はどこが問題だったのか。「失敗の本質」の著書がある野中郁次郎・一橋大学名誉教授に聞いたところ、書面で以下のような回答が送られてきた。(論説委員長 藤井彰夫)

現状の政府の新型コロナへの対応、バブル崩壊後の不良債権処理、太平洋戦争などにおける過去の失敗には共通項がある。

「失敗の本質」では過去の成功体験への過剰適応が、現実を直視する目を曇らせ、誤った判断と行動を抑制すること...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2012文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン