/

この記事は会員限定です

[社説]米欧とASEANつなぐ責務

[有料会員限定]

岸田文雄首相が東南アジア諸国連合(ASEAN)のインドネシア、ベトナム、タイ3カ国を歴訪した。この後、イタリアと英国でも首脳会談に臨む。主要7カ国(G7)に参加するアジアの代表として米欧とASEANを結ぶ役割は重要だ。

先月はカンボジアとラオスの首脳とも会談している。今回の歴訪でウクライナに侵攻するロシアの名指しは避けつつ、力による現状変更の脅威を説き、停戦や人道支援が必要との認識で一致した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン