/

この記事は会員限定です

[社説]ガバナンス改革の加速で経済活性化を

[有料会員限定]

金融庁と東京証券取引所が上場企業の経営規範ともいえる「企業統治指針」(コーポレートガバナンス・コード)を6月にも改定する。企業は指針を活用して経営改革を加速し、持続可能な成長の道を切り開いてほしい。

安倍晋三政権下の2015年に初めてつくられた統治指針は18年の改定を経て、今回が2度目の見直しとなる。独立社外取締役の選任や株式持ち合いの見直しなどを促すことにより、統治指針は経営に株主をはじめとする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り711文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン