/

この記事は会員限定です

[社説]緊急事態の解除は感染状況を見極めて

[有料会員限定]

政府は新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言の期間を、10都府県で3月7日まで延長する。新規感染者数は頭打ちしたように見えるが、医療はなお逼迫している。感染動向を見極め、解除の時期は慎重に判断すべきだ。

国内の1日あたり新規感染者数は1月上旬に8000人に迫ったあと、減少傾向にある。ただ、年末年始の忘年会や人の移動で急増した分がなくなっただけかもしれず、減り続けるかはわからない。

中途半端な行動制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン