/

この記事は会員限定です

[社説]線状降水帯予測は使いやすく

[有料会員限定]

気象庁は6月から「線状降水帯」発生の半日前予測を始める。洪水や土砂災害への警戒を促す狙いだ。だが予測技術は未熟で、どう行動したらよいのかもわかりにくい。防災効果を上げることを第一に伝え方を工夫してほしい。

線状降水帯は梅雨前線の近くなどで発生し、短時間で大量の雨を降らせる。近年では2020年7月に熊本県を流れる球磨川の氾濫を、18年7月には広島県の土砂災害などを引き起こした。

気象庁は21年6月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り570文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン