/

この記事は会員限定です

[社説]中国共産党は世界との溝埋める努力を

[有料会員限定]

中国共産党は結党から100年を迎えた。改革・開放政策で中国を世界2位の経済大国に導いた功績は大きい。だが政治改革は一向に進まず、一党独裁体制の中国と民主主義陣営の摩擦はかつてないほど先鋭化している。

習近平共産党総書記(国家主席)は1日の演説で、米国を念頭に「外部勢力が私たちをいじめ、圧迫することも決して許さない」と強調した。だが一層の対立を避けるには、共産党が自らの意思で国際社会、とりわけ自由主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り720文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン