/

この記事は会員限定です

小池氏、知事与党どう形成 カギ握る公明党

[有料会員限定]

東京都議選で自民、公明両党は過半数に届かず、都政運営は引き続き小池百合子知事が主導権を握ることになりそうだ。都議会には突出した勢力がなくなり、知事与党の再構築が重要になる。接近しつつあった自民党と間合いをどう取り、数を増やした立憲民主党などとどう向き合うか。小池知事はこうした調整を必ずしも得意としないだけに、議会運営に長けた公明党がカギを握ろう。

過労で入院していた小池知事が退院後、初めて臨んだ2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン