/

この記事は会員限定です

短い梅雨「極端気象」リスク 豪雨や熱波、温暖化一因か

[有料会員限定]

日本は記録的に短い梅雨の後、猛暑が続いた。近年は梅雨どきから夏にかけて、経験したことのないような異常な天候が頻発している。日本周辺で暖かく湿った気流の勢いが強く、梅雨前線の近くでは線状降水帯による大雨が降りやすい。背景には地球温暖化もあるとみられる。豪雨や熱波などの「極端気象」は今後激しさを増し、頻度が高まる公算が大きい。

今年の梅雨は北陸と東北北部を除き、1951年以降でもっとも短い。今のとこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1072文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン