/

この記事は会員限定です

多様性生かす基盤はあるか 森氏の辞任、変革の契機に

論説委員 辻本 浩子

[有料会員限定]

日本と世界がどれだけずれているか。それが明白になったのが、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗前会長の辞任劇だろう。

「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などの発言が、国内外から批判されて辞任した。だが問題は決して一個人の話ではない。

発言があった場で、止める人はいなかった。自民党からは擁護する声も出た。「いつものこと」と聞き流し、結果的に容認してしまう。そんな空気感は日本社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1395文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン