/

この記事は会員限定です

西安からワシントンへ 経済安保がつなぐ米韓同盟

編集委員 峯岸博

[有料会員限定]

「名より実をとる」。5月21日にワシントンで開いた米韓首脳会談でバイデン米大統領は老練な外交手腕をみせつけた。中国に傾きがちな文在寅(ムン・ジェイン)大統領を米主導の対中戦略につなぎ留めたハイライトは、首脳会談前から仕掛けられていた。韓国企業が発表した計4兆円規模の対米投資計画には韓国内でも驚きの声があがった。

会談に先立つ韓国企業の発表が注目されたのは、今回の韓国企業の決定が、対米関係を基軸とす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2805文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン