/

この記事は会員限定です

LNG消えた年500万トン 安定供給の責任は誰に

エネルギー危機 日本の選択㊦

[有料会員限定]

ロシアがウクライナに侵攻する2カ月前、東京電力ホールディングス中部電力が火力発電・燃料事業を統合したJERA(東京・中央)は、カタール産の液化天然ガス(LNG)500万トン超(年間ベース)の引き取りを終了した。

25年続いた調達契約を更新しなかった。世の中が脱炭素へ傾き、今後も20年単位の長期引き取りを続けられるのか。電力・ガス自由化後の競争にさらされる企業としての判断である。

一方、国全体で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1057文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン