/

この記事は会員限定です

粘らないコメ、あえて開発

血糖値抑制効果や洋食向けに注目

[有料会員限定]

「白いご飯」を前提とした日本のコメづくりにおいて、粘りの強さや甘さはおいしさを示す重要な指標の1つだ。ただ、最近は、あえて粘りが弱いパラパラとした食感の「高アミロース米」を開発する動きも活発になってきた。リゾットなどの洋食に向いているほか、血糖値の上昇を緩やかにするといった特徴を備えたものもある。米粉としても使いやすい。

コメのでんぷんは「アミロース」と「アミロペクチン」で構成される。アミロースの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1431文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン