/

この記事は会員限定です

電力先物、値幅制限が壁に

価格乱高下で課題浮き彫り

[有料会員限定]

市場で売買する電力の価格がかつてない振れ幅で乱高下し、価格変動リスクへの関心が高まっている。相場の急変動を回避(ヘッジ)するのが先物市場に期待される役割だが、市場創設から日の浅い日本ではその機能が十分に現れていない。電力取引の仕組みと課題を再点検する。

Q 電力市場で何が起きているのか。

A 電力の値段には日本卸電力取引所(JEPX)で取引する現物(スポット)価格と東京商品取引所の先物価格などがあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1313文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン