/

この記事は会員限定です

かまぼこ七変化 コラーゲン入りや粉末、飲むタイプも

「フィッシュプロテイン」機能性に脚光

[有料会員限定]

かまぼこなど魚の練り製品が一段と進化している。低脂質で低カロリー、良質なたんぱく質を豊富に含む食品としてコロナ禍でも需要は堅調。この春には女性にうれしい美容成分を含むかまぼこや粉末、「飲むかまぼこ」など、ニーズを柔軟にくみ取った新商品が続々と誕生している。魚のすり身の原料高が悩みの種だ。

かまぼこ大手、鈴廣蒲鉾本店(神奈川県小田原市)が3月に発売した「万能すりみパウダー」(1袋50グラム入り×10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン