/

ギターやウクレレ、売り上げ倍増 コロナ下レッスン盛況

トレンド

初心者向けのギターやウクレレが売れている(11月、東京都武蔵野市のサウンドクルー吉祥寺)

新型コロナウイルス禍で増えた「おうち時間」を活用して、楽器の演奏を始めたり練習を再開したりする人たちが増えている。なかでもウクレレとギターが人気だ。価格が手ごろで、管楽器やバイオリンなどに比べ音が響きにくく近所迷惑になりにくい。楽器の販売も伸びている。プロによるレッスンも盛況だ。

山野楽器(東京・中央)が運営する楽器店、サウンドクルー吉祥寺(東京都武蔵野市)では、初心者向けの2万~3万円台のウクレレやアコースティックギターの売れ行きが好調だ。

「例年、習い事を始める人が多い春に需要が集中するが、今年は初心者向けの楽器が売れ続けている」と、越石隆朗店長は話す。店内にはウクレレやギターの教則本や人気曲の楽譜が多数並ぶ。

山野楽器では6~8月、全国の店舗でウクレレやアコースティックギターの売り上げがそれぞれ前年同期に比べ倍増、楽器別売り上げの伸び率で上位を占めた。「自宅で過ごす時間が多くなり、新たに取り組もうという人たちに手軽な楽器が選ばれた」(同社広報)。コロナ禍の長期化もあって11月の売り上げも好調で、品薄が続く。

ウクレレ卸のキワヤ商会(東京・台東)では、楽器店の営業自粛で4月の販売数は前年より2割減ったが、店の営業再開とともに販売が急回復。1~10月の販売台数は前年同期に比べ5割増えた。特に初心者向けの手ごろな値段のものへの引き合いが強いという。

けん引するのは、若者や子供たち。かつての「年配の人が弾く楽器」「夏の楽器」といったイメージは薄れている。「若い人たちが動画配信サイトなどを通じて、音の良さや演奏の幅広さを知った。弾き語りに挑戦しやすい点も魅力になっている」(林理弘社長)

プロによるレッスンのニーズも増えている(11月、東京都千代田区のヤマノミュージックサロン有楽町)

せっかくの機会、プロから本格的に習いたい。そんなニーズに応えるレッスン教室も盛況だ。「基本のコードを弾いてみましょう」。11月下旬、都内の音楽教室、ヤマノミュージックサロン有楽町で、講師に促されてギターの弦を爪弾いたのは、この日が初レッスンという20代の女性会社員。

在宅勤務の合間の時間を活用し、友人の演奏動画などを見て憧れていたギターに挑戦。指運びには苦戦したが「好きな歌手の曲を弾けるようになる」のが目標だ。

子供の在宅時間を充実させようと、楽器を習わせる親も目立つ。会社員の豊島かおりさんは8月から小学生の息子2人と自宅近くの音楽教室、プラサ音楽院(東京・豊島)でウクレレを習う。ウクレレは子供の小さな手でも弾きやすい。「コードはすぐ覚えられた。ママと一緒に弾くのは楽しい」と、小学3年の長男、朝陽(あさひ)くん。

オンラインレッスンの受講者は急増している(都内の自宅でレッスンを受ける熊谷隆之介くん)

ギター経験があるかおりさんにとっては、再び楽器に触れる機会になった。在宅勤務でストレスがたまりがちだったが「演奏すると、心が晴れ晴れとする」と笑顔を見せる。同教室の長岡功代表は「今年は小中学生や親子連れの入会が特に多い」と話す。

外出不要のオンラインレッスンも広がっている。約15万人が登録する習い事サイト「カフェトーク」では、9~10月の「音楽」レッスン受講者数は、前年同月の4倍にのぼった。

母親の勧めで6月からウクレレを習う小学2年の熊谷隆之介くんは「ミッキーマウスやマリオの曲を練習中」。水泳などの習い事には行きにくくなったが、いまは毎日ウクレレに触る。

脳医学者の滝靖之東北大学教授によると、「楽器演奏は脳にとって良いことずくめ」。楽しみながら音符を読み取り、指を動かす動作は脳の体操になるだけでなく、感情をつかさどる機能が高まり、科学的にも気持ちが豊かになる効果を期待できる。滝教授の薦める楽しむコツは「全部を正しく演奏しようと頑張らないこと」。お気に入りのメロディーを奏でるだけでもいいという。

コロナの感染が再び増え始め、外出自粛ムードも強まっている。巣ごもりを逆手に楽器の音色を味わうのも良さそうだ。ただ夜間の練習などはご近所迷惑にもなりかねない。気配りも忘れず、楽しみたい。(杉山麻衣子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン