/

この記事は会員限定です

シラスウナギ2年連続豊漁 7年ぶり安値、前年4割下回る

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ニホンウナギの稚魚、シラスウナギが2年連続で豊漁だ。日本や台湾、中国など東アジア全域でよくとれている。稚魚相場は前年平均の4割安、不漁だった一昨年の半値になった。外出自粛で、家庭のウナギ購入額は前年に比べ2割増。今夏の土用の丑(うし)の日商戦は盛り上がりそうだ。

ニホンウナギは日本から約2千キロメートル離れたマリアナ諸島の海域で生まれ、海流に乗って日本にやってくる。食卓にあがるウナギの9割はこれら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン