/

この記事は会員限定です

原油先物が反発 世界経済の回復観測

[有料会員限定]

東京商品取引所の原油先物価格が反発した。27日の清算値(期先)は1キロリットル3万5250円と前日比360円(1%)高い。国際通貨基金(IMF)が26日に2021年の世界経済の成長率見通しを5.5%に上方修正し、石油需要の持ち直しの観測が高まり買いが優勢になった。

最近は新型コロナウイルスの感染再拡大が原油価格の上値を抑えていたが、ワクチン普及や巨額の財政出動による...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン