/

この記事は会員限定です

かんきつ類使い食肉生産

搾りかすを飼料に 農畜一体の循環型広がる

[有料会員限定]

地元産のかんきつ類を飼料に生かす食肉の生産が各地で異彩を放っている。ミカンをジュースなどに加工する際に発生する搾りかすや皮を産業廃棄物にせず、飼料に加工する。農業と畜産業が一体となった循環型の生産様式をブランド化する動きが食肉市場で広がっている。

和歌山県では、特産のミカンジュースやしょうゆの搾りかす、緑茶などを飼料に使って育てた黒毛和牛「紀州和華牛」が2019年に新たなブランド牛として誕生した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン