/

この記事は会員限定です

トラック運賃、8年ぶり下落

チャーター料金、荷動き鈍化で 強まる「中抜き」

[有料会員限定]

企業間の輸送に使われる貸し切りトラックの運賃が約8年ぶりに下落した。新型コロナウイルス禍による荷動き低迷で運送業者の収益が悪化。緊急事態宣言の再発令も追い打ちとなり、元請け企業が利益確保のため、下請けに実際の運送を委託する際の手数料を増やして「中抜き」を強めているためだ。

貸し切りトラックは荷主が日時を指定して貨物を目的地まで運ぶ。東京発大阪行きチャーター料金は足元で、10トン車で片道8万~9万円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り875文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン