/

この記事は会員限定です

コメのロス削減へ 卸会社が推進

精米表示「旬別」に 長期保存の袋も

[有料会員限定]

コメの流通業界で食品ロス削減の取り組みが進んでいる。大手コメ卸各社は4月1日から、袋に表示する精米時期を「年月日」別から、上旬など「年月旬」別に変更した。十分食べられるコメを廃棄してしまうのを減らしながら、市場の物流効率を高める。長期保存型の商品も充実させるなど仕組みづくりを模索している。

旬別の表示は消費者庁が表示ルールを見直し、2020年3月に可能となった。農林水産省は流通各社などに切り替えを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1205文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン