/

この記事は会員限定です

福島・会津のオタネニンジン復活へ 栽培危機からの挑戦

学校給食や商品開発にも注力

[有料会員限定]

福島県会津地方の名産「オタネニンジン」を復活させようと、「会津人参栽培研究会」が取り組んでいる。安価な中国産におされ生産農家も減って存続の危機に直面したところからの挑戦だ。

「高麗人参」とも呼ばれるオタネニンジン。主に漢方薬の原料として使われるウコギ科の植物で、食卓にあがるセリ科のニンジンとは異なる。会津では江戸時代から栽培が盛んで、同地のオタネニンジンは「会津人参」と呼ばれてきた。島根県や長野県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1024文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン