/

この記事は会員限定です

携帯電話の料金、全体で判断を 粟津浜一氏

携帯市場社長

[有料会員限定]

2018年8月、当時官房長官だった菅義偉首相は諸外国と比較し、携帯電話料金は4割程度下げる余地があるという発言をした。それを契機に、携帯電話料金の引き下げ競争が激化している。

従来、通信費を引き下げる役割は大手キャリアから回線を借りて通信を提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる格安スマホ会社が担っていた。しかし20年9月に武田良太総務相が就任すると、通信料引き下げの圧力が大手キャリアに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン