/

この記事は会員限定です

国際商品に5度目の「スーパーサイクル」説

1900年以降の騰落循環 今回、財政や環境投資が押し上げ

[有料会員限定]

銅や原油などの国際商品が高騰している。新型コロナウイルスのワクチン普及に伴う経済の急回復や大規模な金融・財政刺激策で需要が拡大するなか、供給増が需要の伸びに追いつかないとの見方が背景にある。米大手証券会社などを中心に、国際商品価格が数年単位で長期の上昇とその後の下落を描く「スーパーサイクル」に入ったと指摘する声が増え始めた。

商品市場のスーパーサイクルは、原油や鉱物資源などが長期の値上がり局面とそ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン